情報環境コミュニケーションズ

埼玉県さいたま市で士業を中心にIT関連全般のサポートを行っています。

無線LAN親機を追加したらインターネットが遅い、つながらない場合に「ブリッジモード」を試してみる

無線LAN親機を追加したらインターネットが遅い、つながらない場合に「ブリッジモード」を試してみる

無線LANが遅いので改善したい」というご相談と並んで多いのが、NTTなどの光回線を利用している方が、無線LAN親機を増設してみたけれど、「インターネットが異様に遅い」、「そもそも、つながらない」というもの。

今回は典型的なトラブルの一つとなる対応策ということで、無線LAN親機の「ルーターモード」と「ブリッジモード/アクセスポイントモード」を切り替えてみる方法について見ていきたいと思います。

<スポンサードリンク>

2台の通信機器の機能のぶつかり合い?

「光」などのブロードバンド回線に契約し、開通工事をする際に、工事業者がボックスを設置していきます。(下の画像の右側です。)

IMG_7985

無線LANを使いたいときには、別途、無線LAN親機を購入して増設することが多いです。(上の画像の左側が無線LAN親機です。)

今回ご紹介するトラブルは、NTTなどの回線事業者により提供された機器と、無線LAN親機、それぞれが持つ機能がぶつかり合ってしまう場合の事例です。

両方の機器には、インターネットに接続するだけではなく、事務所内、家庭内でパソコン、タブレット、スマートフォンなどを便利に使うための機能が豊富に搭載されています。

これら2つの機器が搭載する機能がいくつか重複しており、機能がぶつかり合うことで、ネットが遅い、ネットにつながらないというトラブルが生じます。

確認しておくべきこと

回線事業者が設置した機器の方に、「ルーター機能」があるかどうかを確認します。

ADSLやケーブルTVなどで古くから利用している場合、設置されている「モデム」には、ルーター機能が搭載されていない場合があります。この場合、次の記事をご参照ください。

NTT光などに、ここ数年のうちに加入した場合、「ルーター機能」付きの機器がほとんどです。

無線LAN親機をブリッジモード、APモードに

トップ画のように、無線LAN親機が「ROUTER」モードになっていると、ネットが遅い/重い、だけでなく接続が途中で途切れたり、そもそもインターネットに接続すらできないトラブルの原因となってしまいます。

理由は後述するとして、回線事業者が設置した機器に「ルーター」機能がある場合、一番手っ取り早い解決方法としては、無線LAN親機をブリッジモードまたはAP(アクセス・ポイント)モードにすることです。

#最近の無線LAN親機に付属する説明書は、簡易化が図られてしまっており、このあたりの説明が十分ではない事が残念です。

その方法は、バッファロー社の無線LAN親機の場合、次のページに方法が写真付きで機種ごとに説明があります。

多くの無線LAN親機には、背面/底面にモードの切り替えスイッチがあります。

2015-10-22_113920

(画像:Buffalo社上記ページより流用)

このスイッチでBridge(ブリッジ)、AP(アクセスポイント)などに切り替えます。

面倒なのが切り替えが「ボタン式」の場合です。

2015-10-22_113958

(画像:Buffalo社上記ページより流用)

ボタンを押すごとにモードを変更するのですが、これがとても分かりにくいです(;_;)。説明をよく見て機種ごとの設定をしていただければと思います。

トラブル原因1:ダブルルーター(二重ルーター)

「ルーター」とは、空港での出入国審査のような役割をもっています。

旅行者が出入国の際にパスポートを提示して審査を受けるように、通信の”素性”を審査するような役割を持ちます。

2台の機器の両方で、この「ルーター」の役割をもってしまうと、この”審査”が二重に行われてしまうようなことが起こります。

実際の空港でこうなると、審査を待つ列がかなり長くなってしまい渋滞が起こります。

このようにして、ネットが遅く/重くなってしまいます。

トラブル原因2:DHCPサーバー機能の重複

最近の、NTTなどの回線事業者により提供される機器と、無線LAN親機は、「通信専用コンピュータ」とも言えるもので、コンパクトなボックスに「サーバー機能」が搭載されています。

その機能の中の一つとして、IPアドレスを自動で割り当てる「DHCPサーバー」機能を持っています。

このDHCPサーバー機能はとても便利な機能で、一本のインターネット回線を、事務所内/家庭内で、パソコン、タブレット、スマートフォンなどの複数の機器で使えるように、それぞれの機器にIPアドレスを自動的に割り当てます。

回線事業者により提供される機器がDHCPサーバー機能が作動して各機器にIPアドレスを割り振っているところに、無線LAN親機側のDHCPサーバー機能が作動してしまうと、間違ったアドレスが割り振られてしまいます。

これが、LAN内のパソコンなどが、インターネットに接続できなくなる原因の一つとなります。

無線LAN親機を「アクセスポイント・モード」、「ブリッジ・モード」にすることで、このDHCPサーバー機能もオフにすることができます。

無線LAN親機はWiFi接続だけに徹してもらいましょう

要は、インターネット接続に関しては、「回線事業者により提供される機器」に任せて、無線LAN機器には余計な事はせんでよし、ただ単に無線LANにつなげるだけの仕事をしてくれればいい・・・というのが「アクセスポイント・モード」、「ブリッジ・モード」となるわけです。

「Auto」モードの場合、停電後に困るかも

「インターネットにつながらなくなった」、というトラブルの対応で多いのが、原因をお聞きしてみると、停電、電気のブレーカーが落ちてしまった後に起きてしまった事が多いものです。

無線LAN親機の説明書通り、「Autoモード」になっている時によく起きます。

「Autoモード」の場合、まずはブロードバンド・モデムが再起動し、インターネットに接続されてから、ルーターを起動させる必要があります。

先に無線LANルーターが起動してしまい、ブロードバンド・モデムが遅れて起動してしまうと、正しく動作しない場合があります。

特に、前述のようなモードの切り替えが「ボタン式」の場合にはとても厄介。

たとえ「ブリッジ・モード」にしていても、停電が起きると、無線LAN親機が再起動後には、初期設定の「Autoモード」になってしまいます。「ブリッジ・モード」への変更は、とても分かりにくく面倒です。

#Buffalo社も多くのクレームに反省したのか、最新機種では「ボタン式」から簡単な「スイッチ切り替え式」に変更しているようです。

以上の手順で無線LANの設定画面が表示されないとき

以上のようにして、無線LAN親機をブリッジモード/APモードにしてしまうと、無線LANの設定画面が、すんなりとは表示されなくなってしまいます。

対応策について、新たに書きましたので、合わせてご参照ください。

<スポンサードリンク>

« »