情報環境コミュニケーションズ

埼玉県さいたま市で士業を中心にIT関連全般のサポートを行っています。

Windows 7,8.1からWindows 10への無償アップグレードが開始

Windows 7,8.1からWindows 10への無償アップグレードが開始

本日2015年7月29日から、Windows7、Windows8からWindows 10への無償アップグレードが開始となりました。

今からでも、Windows 7, Windows 8.1からWindows 10への無償アップグレードを予約すれば、順次アップグレードが行われます。

今のところ、マイクロソフト社からは、本日から1年間、無償でのアップグレードが可能というアナウンスがなされています。

早速、アップグレードの手順をご紹介します。

<スポンサードリンク>

Windows 10へのアップグレードの準備ができたら、トップ画像のような通知が来ます。

この場合、「無償アップグレードを設定しましょう」をクリックして、下記の「アップグレードの実施」以降の手順に進みます。

このアップグレードの通知が現れない場合でも、実はアップグレード可能な状態になている場合もあるようです。念のため、確認してみるとよさそうです。

アップグレードの確認(1)

「コントロールパネル」を表示させます。

#Windows 8.1の場合、デスクトップを表示させている状態で、キーボードの「Windowsキー」+「X」を押します。(またはスタートメニューを右クリック)現れたメニュー一覧から「コントロールパネル」を選びます。

「システムとセキュリティ」>「Windows Update」を開きます。

Windows 10のアップグレードの準備ができていれば、次のような画面が表示されます。

*アップグレード用のファイルは3GB近くあります。

2015-07-29_163418

「今すぐ再起動(R)」をクリックすると、システムが再起動し、あとは自動的にアップグレードが始まります。

1台は、上記のようにすんなりと行ったのですが、もう一台がうまく行かず、次の方法を試してみました。

アップグレードの確認(2)

Windows 8.1の場合、「スタートメニュー」>「PC設定」>「保守と管理」>「Windows Update」を開いてみましょう。

「今すぐチェックする」で更新プログラムをチェックします。

2015-07-29_190745

「詳細の表示」をクリックして、下記の画面を開いてみると。。。
「Windows 10 xxxにアップグレード」が薄く表示されてしまっており、チェックボックスにチェックも入れることができず、アップグレードが行えません。

winUpdate

まずは、「詳細」をクリック。

すると、小窓が現れて、「この更新プログラムはデスクトップからのみインストールできます。」という表示。

デスクトップからインストール」をクリックします。

これで、アップグレード作業に進むことができました。


 

アップグレードの実施

あとは画面の案内に従います。

2015-07-29_163325

「同意する(A)」をクリック。

2015-07-29_163340

アップグレードの準備にしばらく時間がかかります。

2015-07-29_163407

「今すぐアップグレードを開始」をクリック。

PCの再起動~アップグレード

PCが再起動します。

進捗状況がパーセントで表示されます。

IMG_7378

さらに、アップグレードの状況が円グラフで表示されます。

IMG_7379

以上の通り、弊社のPCを2台、アップグレードしてみましたが、アップグレード開始~再起動~作業終了に至るまで、1台は約40分、もう1台は70分ほどで作業が完了しました。

2015-07-29_215731

アップグレード作業には、ネットの状況、CPUの性能、メモリー容量などで、差が出たようです。

 

<スポンサードリンク>

« »