情報環境コミュニケーションズ

埼玉県さいたま市で士業を中心にIT関連全般のサポートを行っています。

Windows10 PCの動作が重くて遅くてしょうがない、それはWindows Updateの失敗が原因かも知れません。業務で使うならWindows10はPro/Enterprise版を!

Windows10 PCの動作が重くて遅くてしょうがない、それはWindows Updateの失敗が原因かも知れません。業務で使うならWindows10はPro/Enterprise版を!

Windows 10のパソコンの動作が遅い/重い、電源投入後起動する時間がとても長い。。。

そんなトラブルで業務に差し支えが生じたパソコンが、弊社に常に持ち込まれておりますが、その原因のほとんどは、Windows Updateの失敗が原因。

Windowsの更新プログラムは基本的に毎月第二水曜日に配信されており、すべての機種ではないのですが、この更新プログラムによるトラブルが毎月のように発生しています。

また、緊急アップデートが行われた際にもトラブルが起きることがあるようです。

今回はWindows 10のアップデートに関わるトラブルの対応について見ていきたいと思います。

業務に支障をきたすWindows Updateのトラブル

結論から申し上げますと、弊社で対応しているトラブルの原因のほとんどはWindows Updateのトラブルが根本の要因となっており、以下のような症状となっています。

  1. 電源投入からデスクトップのサインインが完了するまでにかなり時間がかかる
  2. 起動はできても、デスクトップが表示されてから実際に作業を行える状態になるまでに時間がかかる
  3. ときには、延々と自動的に再起動されてしまう場合も。

Windowsアップデートが失敗したり不完全であったりして、システムが不安定になったり、再起動に時間がかかってしまうなどで、強制的に電源を切ってしまったりする事が重なって、症状が更に深刻になってしまう場合が多いようです。

このような無用なトラブルを回避するには、Windows Updateを遅らせることが解決策となります。

そのあたりを詳しく見てみましょう。

「更新の履歴」の確認

パソコンが起動可能でデスクトップにサインインが可能な状況であれば、まずはシステムの更新の状態を確認してみましょう。

「設定」>「更新とセキュリティ」から、「更新の履歴」を開きます。

2016-12-06_172041

「・・・アップデートに失敗しました」という表記がいくつもある場合、Windowsアップデートにおいてトラブルが発生した可能性が高いものと推測されます。

「ディスクのクリーンアップ」で多くのトラブルが解消

どんなに起動に時間がかかったとしても、電源投入後、サインインまでたどり着くことができるのであれば、まずは試したいのが「ディスクのクリーンアップ」

トラブルの多くは、この「ディスクのクリーンアップ」で解消できています。

以下に手順を詳しく記しておきます。

「ディスクのクリーンアップ」実施手順

システムがインストールされているドライブ(通常はCドライブ)のアイコン上で、右クリック。「プロパティ」を開きます。

2016-12-06_120558

「ディスクのクリーンアップ」をクリックします。

2016-12-06_120708

ディスク内をスキャンする間、時間がかかります。

2016-12-06_120731

続いて「システムファイルのクリーンアップ」をクリックします。

2016-12-06_120801

再びディスク内をスキャンするので待ちます。

2016-12-06_120820

相当動作が重いPCの場合、「システムエラーのメモリダンプファイル」がとても大きくなっている場合が多いです。これが120GBに達しているPCもありました。

2016-12-06_121037

また、「一時ファイル」、「一時Windowsインストールファイル」が何十、何百GBにまで達している場合もあります。

2016-12-06_121058

項目をマウスで選択すると「説明」が表示されます。

不要なものにチェックを入れていきます。

2016-12-06_121113

「ファイルの削除」をクリックすると、不要なファイルの整理が始まります。

2016-12-06_121131

「システムエラーのメモリダンプファイル」というのがとても曲者で、これが肥大化しているとシステムの起動時に、とてつもなく無駄な動きをしますので捨てましょう。

 

念のため、一度再起動をかけてみて、起動が速くなっていれば成功です。

これでも不具合が治らない場合には、以下の記事をご参考にしていただければと思います。

また、そもそもシステムがまともに起動しない場合、以下の記事が役に立つかも知れません。

続いて、Windows Updateが原因となるトラブルを回避するための方法について見て行きます。

まずは下準備として、Windows 10の”エディション”の確認を行っておきます。

自分のパソコンのWindows 10のエディションを確認する

デスクトップ左下のウィンドウズアイコン=スタートメニューをクリックし、ギア型のアイコン=「設定」を開きます。

「更新とセキュリティ」を開いた所が下の画像です。

2016-12-06_123129

左側の一覧から「ライセンス認証」をクリック。

「エディション」欄の表記でどのエディションかを確認できます。

Window 10には4つのエディションと3つのモデルが

Windows 10には、Home版、Pro版、Enterprise版、そしてEducationの4つのエディションがあります。

一方で、システムの更新については次の3つの方式(モデル)があります。

  • 最新リリースを自動的(強制的?)に適用する:最新化モデル「CB
  • CBから4カ月遅れて“安定版”を適用する:企業向け最新化モデル「CBB
  • アップグレードを適用させない:固定化モデル「LTSB

「機能の更新を延期する」ことが可能なPro/Enterprise版

Pro版/Enterprise版であれば、「CB」と「CBB」との切り替えが簡単に行えます。

#残念ながらHome版では簡単には行えません。

「設定」の「更新とセキュリティ」を開きます。(下の画像です。)

この中の「詳細オプション」をクリック。

2016-12-06_122731

ここで「機能の更新を延期する」にチェックを入れます。

2016-12-06_122526

ここにチェックが入れば、「CBB」ということになります。

これにより、不具合が潜む確率が高い最新の更新プログラムが、自動的にインストールされることは無くなります。

現在、私が使っているPCは全てこのように設定をしており、使い始めて以降、一度もトラブルは起きていません。

#Windows 10 Pro版のバージョン1703では、CB=Current BranchとCBB=Current Branch ofr Businessの切り替え、そして「更新の一時停止」の切り替えがより分かりやすいものとなっています。

業務で使うならPro版/Enterprise版を!」ぜひ、おススメしたいです。

Homeエディションの場合は?

Homeエディションの場合は、「設定」には「機能の更新を延期する」という項目がありません。

レジストリを修正することで同様にできるようですが定かではありません。

NTTデータ先端技術株式会社によるこちらの記事の下の方に方法が記載されています。
*レジストリをいじる場合、設定を誤るとシステムに影響を及ぼしてしまいます。あくまでも自己責任でお願いします。

関連記事

スポンサードリンク

« »