情報環境コミュニケーションズ

埼玉県さいたま市で士業を中心にIT関連全般のサポートを行っています。

パソコンが重い!遅い!原因は「自動メンテナンス」が動作している場合も!

パソコンが重い!遅い!原因は「自動メンテナンス」が動作している場合も!

パソコンが重い、遅い、という時の原因と対応について以下の2つの記事を書きました。

これら2件に共通するのはWindows Updateの問題。原因はWindowsアップデートにまつわるトラブルが原因となることが多いようですが、もちろん他の原因である場合もあります。

今回の記事は「自動メンテナンス」が執務中に実行されてしまうことが原因で、パソコンが重く・遅くなってしまう、という事例です。

まずは、システムの稼働状況をチェックしてみます。

タスクマネージャーを起動する

「タスクバー」上で右クリック。

「タスクマネージャー(T)」をクリック。

「詳細(D)」をクリック。

「プロセス」タブの表示部分には、現在稼働中のプログラムが一覧で表示されます。

「CPU」列は100%が続いている状態。

「CPU」と表示されている最上段の項目部分をクリックすると、負荷をかけているプログラム順に表示が切り替わります。

上の画像の例の場合、「Windows バックアップ」でCPUの26.9%を専有し、「マルウェア対策アプリ」が稼働し26.6%を専有し、これら2つだけでCPUに半分以上の負荷をかけてしまっている状況です。

「パフォーマンス」タブに切り替えてみると、CPUが100%使い続けられている状況です。これではパソコンの動作が重い状況ですよね。

しばらく様子を見てみると、CPUに負荷をかけているプログラムが次々と切り替わります。どれもシステム関連のプログラムです。

ストレージのデフラグツールまでもが走り始めています。

このような状態の時は「コントロールパネル」をチェックしてみます。

急ぎの仕事の場合は「自動メンテナンス」を停止する

どうやら「自動メンテナンス」が動作しているようです。

#この「自動メンテナンス」では、ソフトウェア更新、セキュリティスキャン、システム診断、システムディスクのデフラグなどが行われます。

画面左下のWindowsアイコン(スタートメニュー)上で「右クリック」

一覧の中から「コントロールパネル(P)」をクリック。

「システムとセキュリティ」>「セキュリティとメンテナンス」を開きます。

この中の「自動メンテナンス」欄が「メンテナンスは進行中です」となっている場合、今回の例のように、CPUにかなりの負荷がかかります。

ここで、「メンテナンスの停止」をクリックすると、負荷が低減し、しばらくすると軽快に動くようになります。

Windows 10は、終業後電源を切らずにスリープに!

Windows10は、初期設定で、毎日夜中の2:00に「自動メンテナンスが」開始する設定になっています。

「自動メンテナンス」>「メンテナンス設定の変更」をクリックします。

「メンテナンス タスクの実行時刻(毎日)」が初期設定では”2:00”となっています。

この時間は自分のライフスタイルに合わせて変更します。

業務時間中に「自動メンテナンス」が走らないようにするには?

Windowsアップデートによっては、システムに更新が行われた時、関連したソフトウェアの更新、システム診断などのため「自動メンテナンス」、あるいはそれに準じるプログラムが、ただちに動作する場合があるようです。

24時間、パソコンを起動したままであれば、夜中に自動的に実施されるのですが、夜中に自動メンテナンスを実施できない時、電源投入後に「自動メンテナンス」が走り出してしまうことがあります。

#24時間、パソコンを起動したまま、というのは省エネ上よろしくないので、仕事が終わったら、パソコンの電源を切るのではなく「スリープ」にして帰宅するのがオススメです。

また、この時、2つ上の画像の設定のように、「スケジュールされたメンテナンスによるコンピューターのスリープ解除を許可する」にチェックを入れておきます。

このように設定しておくと、自動的にパソコンが起き出して、夜中のうちにせっせとお手入れをしてくれます。

午前中にパソコンが重くて仕方がない、という相談をよくお聞きしますが、始業後、パソコンに電源を投入してしばらくして、この「自動メンテナンス」が走り出すことが原因となっている場合が多いです。

まとめ

  1. パソコンが重い、遅いと感じた時、タスクマネージャーでチェックをしてCPUに大きな負荷がかかっている場合には、「自動メンテナンス」が動いてないか確認を。
  2. 動いていたら「メンテナンスを停止」させれば改善されるかも。
  3. 終業時、パソコンの電源は切らずにスリープに。
  4. 「自動メンテナンス」の設定で、「スケジュールされたメンテナンスによるコンピューターのスリープ解除を許可する」にチェックを。
オススメの記事

« »