情報環境コミュニケーションズ

埼玉県さいたま市で士業を中心にIT関連全般のサポートを行っています。

WindowsでPCオーディオ:foobar2000のプレイリストの楽曲を、丸ごと好みの形式に変換/圧縮。この上なくラクチンなアプリ。

WindowsでPCオーディオ:foobar2000のプレイリストの楽曲を、丸ごと好みの形式に変換/圧縮。この上なくラクチンなアプリ。

CDの楽曲ファイルよりもサイズを小さく保管しながらも、再生時にはCDの原音を損ねることなくイイ音のまま聴くことができる”可逆圧縮”となる「FLAC形式」。今まで保有するCDのコレクションを全てFLAC形式に変換/保存し直しています。

パソコンではfoobar2000でFLAC形式の楽曲を聴いていますが、カーコンポでは再生可能なMP-3で、スマホではAACで聴きたい。そんな時には楽曲ファイルの形式変換が必要となりますが、とっても簡単に一括作業を行ってくれるのがMEDIAHUMANの「Audio Converter」。

フォルダーごとドラッグ&ドロップすれば、中に保存されている楽曲ファイルを丸ごとまとめて指定した形式に変換してくれます。

それだけではなく、foobar2000のプレイリストの楽曲を、丸ごと好みの形式に変換可能なのが超便利。

車でもスマホでも、”お好みの楽曲のかたまり”をデータ容量を大幅に減らして持ち出せる、というのが便利です。

ダウンロード&インストール

MEDIAHUMANのサイトからダウンロードします。

http://www.mediahuman.com/audio-converter/

「Download MHAudioCoinverter.exe」をクリックしてダウンロード。

インストール時に余計なアプリが入ってしまったり、デフォルトの検索エンジンを変えてしまうような事がなく安心してインストールして利用できます。

起動画面

アプリの起動画面です。

出力フォーマットの選択

下記画像の赤枠部分=「出力フォーマット」選択画面をクリックすると「Profile」ウィンドウが表れるので、変換したい形式を一覧から選択します。

品質についても選択可能です。

変換したい楽曲ファイルをドラッグ&ドロップ

「Drop media here」と書かれている部分にオーディオファイルをドラッグ&ドロップします。

フォルダーごとドラッグ&ドロップしてもOKです。その場合、フォルダー内のオーディオファイルがリスト一覧として表示されます。

変換したいファイルが一覧で表示されたら、下記画像の赤枠部分の”変換開始”ボタンをクリックします。

標準では「ミュージック」フォルダー内の「Converted by MediaHuman」フォルダーの中に変換されたオーディオファイルが保存されます。

詳細な設定変更

一番右上の”スパナ”アイコンをクリックすると設定画面が表れます。

「Output folder」で、変換されたファイルの保存先を変更できます。

「Search cover art automatically」ではアルバムカバー写真があれば取得可能です。

「Add to iTunes」でiTunesとの連携も可能です。

「Keep folder structure」にチェックを入れておけば、元データーと同様の階層構造となるフォルダー内に、楽曲ファイルが自動的に保存されます。

その他のボタン

画面左上の「+」ボタンは変換するオーディオファイルの追加ボタン。

真ん中の”ほうき”のようなアイコンでリストのオーディオファイルがクリアされます。

「ー」のアイコンは、リスト一覧からオーディオファイルを削除する時に使います。

変換は高速

複数のファイルを同時に複数変換処理を行うので変換速度はかなり早いです。

foobar2000からドラッグ&ドロップ

foobar2000のプレイリストで楽曲ファイルを複数選択してAudio Converterにドラッグ&ドロップすることも可能です。

はい、下の画像の通り、一括してリストに登録されました。

あとは”変換スタート”ボタンをクリックするだけで、一気に丸ごと変換を行ってくれるので、とっても楽です。

実はこのアプリ、動画ファイルから音声だけを好みの形式で保存することも可能です。

このアプリは寄付歓迎のアプリ。無料で使い続けることができます。気に入ったらホームページにある「Donate」ボタンで寄付することも可能となっています。

対応するフォーマット

WMA,、MP3,、AAC,、WAV,、FLAC,、OGG,、AIFF、Apple Lossless format

関連記事

スポンサードリンク

« »