情報環境コミュニケーションズ

埼玉県さいたま市で士業を中心にIT関連全般のサポートを行っています。

Windows 10でMS Wordで作成した文書が保存できない時の対応

Windows 10でMS Wordで作成した文書が保存できない時の対応

MS Wordの操作中に、次のようなメッセージが出て、作成した文書の保存ができないことがあります。

作業ファイルを作成できません環境変数tempの設定を確認してください

文書を開いて編集することはできるのですが、せっかく作成/編集した文書が保存できないのは困りものです。

早速、対応方法を見ていきましょう。

MS OfficeはOffice 365、OneDriveなどをはじめとして、インターネットと密接に関連がありますが、今回のMS Wordに関するトラブルは「インターネットの一時ファイル」の保存に関しての設定が何らかの原因で異なるものとなってしまった事にあるようです。

早速、修正してみます。

1、コントロールパネルを開きます。

「スタートメニュー」を右クリック。

現れた”裏メニュー”から、「コントロールパネル(P)をクリック。

2015-10-07_104916

「ネットワークとインターネット」をクリックします。

2015-10-09_131549

「インターネットオプション」をクリック。

2015-10-09_131559

2、「インターネットオプション」の設定

「インターネットオプション」画面が開いたら「設定」を開きます。

2015-10-09_125930

続いて、現れる画面で「フォルダーの移動(M)」をクリック。

2015-10-09_125951

次の画面が現れます。

2015-10-09_132821

ここが一番面倒なのですが、フォルダーをダブルクリックして、次々と”掘る”ように開いていきます。

「ローカルディスク(C:)」>「ユーザー」>「(自分のアカウント名)}>「AppData」>「Local」>「Microsoft」>「Windows」

最後の「Windows」をクリックして選択した状態で、「OK」をクリックします。

2015-10-09_130116

「新しい場所:」が画面のような表記になります。

2015-10-09_130130

ここで「OK」をクリックするのはちょっと待った!

もう一つ、設定の変更が必要です。

3、インターネット一時ファイルの保存領域を確保

今回のトラブルの原因として、「インターネット一時ファイル」の保存領域が「0」になってしまっていることも問題のような気がします。

この数字を最低でも「8」(MB)に、ディスク容量に余裕があるようでしたら、1024MBまでの数値で指定します。

2015-10-09_130152

「OK」をクリックすると、自動的にサインアウトされます。

以上の手順で、再び、サインインすると、無事にMS Wordの問題が解消されました。

 

 

 

 

« »