情報環境コミュニケーションズ

埼玉県さいたま市で士業を中心にIT関連全般のサポートを行っています。

Windows 10

スティックPCのCreators Update (バージョン1703)へのアップグレード後のトラブルに対応

今回、多数のWindows 10 PC、タブレットをバージョン1511/1607からCreators Update=バージョン1703へアップグレードしました。

25台アップグレードしてみた中で、こちらに書いた通り、特殊なストレージ構成のPCが1台、更新作業中にトラブルが発生しました。

その他はすべてうまく行ったと思っていた中で、ドスパラのスティックPC「DG-STK1B」が、音が出ない、MicroSDカードを認識しない、動画がコマ落ちする、というトラブルが発生していた事に後で気づきました。

今回は、これらのトラブル修正対応について、見てまいります。

(さらに…)

オススメの記事

空き容量が少ないPC/タブレットをWindows 10の最新バージョン(バージョン1703)へアップグレード

iPhone/iPad、Androidスマホ/タブレットのシステムアップデートに比べると、Windowsタブレットの最新バージョン(現時点では”1703”)へのアップデートは大規模でかなりの時間を要します。

Windows 10でのシステム・ストレージは、最低で32GBはないと実用的ではありません。WindowsタブレットやMini PCではeMMCを内蔵ストレージとして搭載している場合が多いものですが、低価格帯の32GBの場合、使い込んでいると空き容量が少なくなっており、通常の手順ではアップグレードに失敗します。

今回は、内蔵ストレージが32GBしかないタブレット/Mini PC(Windows 10バージョン 1511 / 1607)を何とかCreators Update(バージョン1703)にアップグレードする手順について見てまいります。

(さらに…)

Windows 10 Creators Updateへのアップグレードで、パソコンをリフレッシュして不具合を解消

2017年4月11日にWindows 10の新しいバージョン「Creators Update(RS2:バージョン1703)」が正式に公開されています。

本稿執筆時点では、ユーザーの意思で更新するか、しばらくスルーしたままにしておくか、を選べるようになっています。

現時点で特に問題がなく安定して動いているのであれば、そのまま利用し続けて、自動でのアップデートに任せておけばいいと思います。

一方で、現在、動作が不安定で、こちらの記事のように仕事に差し支える程の状態にあるならば、いっそCreators Updateにアップグレードしてしまうというのも、一つの方法。

今回は、Creators Updateへのアップグレードの詳しい手順について見ていきます。

(さらに…)

ストレージ容量が少ないタブレットでも、Windows 10 Anniversary Updateを実行する。

2016年8月2日にマイクロソフトから配信となった、Windows 10正式公開1周年記念の大型アップデート、「Windows 10 Anniversary Update」なのですが、更新ファイル自体はシステムを全て入れ替えるほど大規模なもので、更新作業には20GBの空きディスク領域が必要となります。

タブレットなどで元々のストレージ容量が少なく(32GBなど)、どうやっても20GBの空き領域を確保できず、アップデートを実行できない場合があります。

そんな場合、別途USBメモリーなどでインストールメディアを作成した上でインストール作業を行うことで実行が可能です。

早速手順を見ていきましょう。

(さらに…)

Windows 10が二度目の大きな進化 8/2 Windows 10 Anniversary Updateを実行。

2016年7月29日(日本時間では30日)、Windows 10への無償アップグレード期間が終了となりました。

続いて、8月2日(日本時間では3日)Windows 10の正式公開1周年を記念して「Windows 10 Anniversary Update」が配信されています。

早速、アップデートしてみましたので手順を見ていきたいと思います。

(さらに…)

海外版Windows 10を日本語化。中国語PCを日本語化する。

今回、「Windows 10超小型MiniPCを中国の通販サイト「geekbuying」で購入。深センからDHLで3日目に到着」したわけですが、すでに中国語で設定されてしまっている状況にあります。

一昔前では、日本語版のWindows、あるいは言語パックを別途購入する必要がありました。

Windows 10では、インターネットに接続することで、日本語化はもちろん、世界各国語への対応が簡単に行えます。

その手順を見ていきましょう。

(さらに…)

Windows 10超小型MiniPCを中国の通販サイト「geekbuying」で購入。深センからDHLで3日目に到着。

Windows 10が動くタブレットが充実する中で、MiniPC/超小型パソコンの分野も充実してきています。特に中国メーカー/ブランドによる製品が充実してきています。

昨年から欲しいと思っていた「VOYO MiniPC-Box」なのですが、今回は対ドルレートが円高に振れたこともあり、海外から購入してみることに。中国製ガジェットの通販では大手の一つ「geekbuying」で購入してみました。

今まで中国からの輸入は何度も行っており、注文から到着まで、普通ならば1~3週間ほどかかるのですが、今回は早く入手したかったので送料を余分に払って、国際宅配便のDHLで。注文から3日目に到着しました。

今回は注文から到着までをレポートさせていただきます。

(さらに…)

スティックPC を「ドッキングステーション」で更に使いやすく。空き容量をこまめにチェックして確保。

スティック型のMini PCを使い始めて8ヶ月。

私の業務、趣味の範囲であれば、これで充分といっていいほど、ほとんどの領域をカバーしてくれています。

これまでほとんどトラブルもなく順調に使えているのですが、メモリー容量2GB、ストレージ容量が32GBしかない環境は一般的なWindowsタブレットと同等。
このような限られたスペックのPC/タブレットを使いこなすには、いくつか工夫が必要となります。
今回は、そのあたりを見ていきたいと思います。

また、スティックPCをより使いやすくするドッキングステーションがリリースされたので早速予約注文してみました。その使い勝手についても簡単にレポートしたいと思います。

(さらに…)

インテルのミニPCキット「NUC」。デスクワークでも十分に使えそう!

Intel社のミニPCキットをテストしています。

約11.5cm四方の超コンパクトなボディにあらかじめ低消費電力のCPU Intel Celeronが搭載されており、メモリーとSSD/ハードディスクを取り付けるだけで完成という、とても手軽なキットです。

Windows 10やLinuxなどをインストールして実際に仕事をしていますが、問題なくストレスなく使えています。

(さらに…)

Windows 10の標準ブラウザーMicrosoft Edgeの検索エンジンをGoogleにしたい

Windows 10の標準Webブラウザーは「Microsoft Edge」。

#ちなみに、「Internet Explorer」も実は入っていて、利用することも可能です。(起動方法は後述)

この標準の検索エンジンは「Being」。
アドレスバーで検索キーワードを入力して検索を行う時に、Googleで検索されるようにしたい時の設定方法です。

(さらに…)

2016年1月13日:なんかWindows 10の状態がすぐれない、と思ったら「累積的な更新プログラム」が。

ようやく冬らしい気候になってきました。

今年は暖冬のせいか、インフルエンザの流行はまだのようですが、新型のノロウィルスが流行の兆しということで、手洗い/うがいを励行しているところです。

そんな最中、昨日から自宅、事務所のPC、プレゼン時に利用したタブレットの調子が悪く、不審な挙動が。

「スタートメニュー」>「電源」をチェックしてみると、「更新してシャットダウン」、「更新して再起動」という表記が。。。

なるほど、システムの更新が裏で行われていたのですね。

(さらに…)

PINを使ってWindows 10パソコンへのログインを、よりラクに、より安全に

Windows 8.1から「PIN」によるサインインが可能となっていますが、Windows 10では、パソコンにサインインする際に、Microsoftアカウントを用いることに加えて、パスワードに代わって「PIN」によるサインインが推奨されるようになっています。

PINとは4桁以上の数字による、いわゆる暗証番号で、これによりパソコンの起動時にパスワードの代わりに、あらかじめ設定しておいた数字を入力することで、ラクにサインインできるようになります。

今回は、PINによるサインインが何故推奨されるのか?、そしてその設定方法について見ていきます。

(さらに…)

スマートフォンをPCのように使う。ワークスタイルを大きく変貌させる「Windows 10 Mobile」

マイクロソフトでは、2015年4月29~5月1日にサンフランシスコで開催された「Build 2015」でWindows 10 Mobileを搭載したスマートフォンを、PCのように使用できる新たな「Continuum」機能を発表しています。

そして、ドイツ・ベルリンで2015年9月4日~9日の日程で開催の「IFA 2015」(国際コンシューマ・エレクトロニクス展」に向けて、Acerがプレスカンファレンスを実施。数ある新製品の紹介の中で、Windows 10 Mobile搭載スマートフォン「Jade Primo」を披露。外部ディスプレイに出力できる機能「Continuum」のデモを行っています。

iPhone, Androidに先行されているスマートフォン市場へのMicrosoftの参入は、私たちのワークスタイルをも変えてしまうのかも知れません。

(さらに…)

Windows 10について書いた記事のまとめ

マイクロソフトでは、2015年7月29日より1年間、Windows 7, 8.1からWindows 10への無償アップグレードに対応しましたが、このサービスは終了となり、今後のアップデートは有償となります。

当面、2025年までのサポートが表明されているWindows 10。

関連する記事を、こちらのページにまとめてまいります。 (さらに…)

タブレット/ノートPCのWindows 10へのアップデート後に、空き容量を増やす

Windows対応のタブレット、最近ではスティック型PCも出現していますが、搭載する容量が32GB, 64GBなどのように少ないものが多く、使うには結構ツライものがあります。

特に、Windows 10にアップグレードした後は、1ヶ月間元のWindowsに戻せるようになっているのですが、これがかなりの容量を消費します。

システム用のストレージの空き容量の低下は、システムの不安定、重くなる原因の一つとなるので、常に空き容量は確保しておきたいもの。

今回は、ストレージを無駄に消費する、不要なファイルをラクに探し出して、削除して、容量を確保する手順について見て行きたいと思います。 (さらに…)

Windows 10にアップグレードして利用するにあたっての重要事項

Windows 10の仕様について詳細が書かれている以下のページに、Windows 10にアップグレードして利用するにあたっての重要事項が掲載されています。

http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-specifications#featdep

  • このページ、英文を翻訳したもので、分かりにくい部分があるので、かなりの意訳を施した上でポイントをまとめておきます。

(さらに…)

Windows 10へのアップグレード:待ちきれないときは手動でアップグレード

2015年7月29日からWindows 7, 8, 8.1からWindows 10へのアップグレードが、向こう1年間無償で行われています。

アップグレード期日前から「予約」が行われており、その手順は次の記事の通りです。

今回は、「予約」などのような、まどろっこしい手順を踏まずに、すぐにWindows 10にアップグレードしたい場合の手順について見ていきたいと思います。

(さらに…)

Windows 10の挙動がおかしい時、まずはWindowsアップデートのチェックを

早朝にご連絡をいただいたトラブルは、「Windows 10のパソコンの動きが今朝からおかしい。昨日の夕方までは問題なく動作していたのに、急に動作が重くなってしまった。」というもの。

重要な書面を作らなければならない時に、MS Wordでの文字の入力すら変換が追いつかない状況。

・・・ということで、まずはWindowsアップデートをチェックしていただくことに。

(さらに…)

特集「OneDrive活用」vol.4:Windows 10でOneDriveが全く同期できなくなった時の対応

新しいOneDriveを作って、まっさらな状態で、いきなり大容量をパソコンとOneDriveで同期させて、Windows 10のOneDriveが耐えられるか(^_^; 検証を行ってみました。

OneDriveで、容量が1GB~2GBに及ぶ動画データが3点含まれ、フォルダー数:1,650、ファイル数:8,809で合計約14GBを、Windows 10のパソコンのOneDriveフォルダーに置いて、”ネットのあちら側”と一気に同期させてみたものです。

結果は、、、無理でした。

そして、OneDriveの同期アプリが使えなくなりました。このような事態に陥った時の対処法について、以下に記します。

(さらに…)

特集「OneDrive活用」vol.3 Windows 8.1 / Windows10でOneDriveが使えなくなってしまった時の、OneDriveの再設定方法

顧問先でクラウドでファイルの共有を行いたいということで、皆さんのPCの設定を対応させていただいたのですが、Windows 8.1のPCが1台、OneDriveが使えない状況にあり、修復した手順を記します。

症状は次の通りです。

  • 画面右下の通知領域にある雲の形をしたOneDriveアイコンに赤い☓印が。
  • OneDriveアプリを起動してみると「OneDriveへのサインイン中に問題が発生しました。PC設定を開いて、Microsoftアカウントの情報をチェックしてください。」との表示。(トップ画の右半分の画面)
  • PC設定を開いてみると、「OneDriveに接続できません。後でもう一度試すか、OneDrive.comで設定を変更してください。」という表示。(トップ画の左側の画面)

(さらに…)

Windows 7, 8, 8.1からWindows 10への無償アップグレードを予約

いよいよ2015年7月29日にWindows 10の正式版が公開されることになりました。

Windows 7およびWindows 8/8.1をご利用中のお客様は無償でアップグレードが可能です。(1年間の期限付き)

現在、Windows 7 Service Pack1(SP1)、Windows 8.1 Updateが実行されており、Windows Updateが正常に行われているPCには、デスクトップ右下の通知領域にWindowsのロゴが表示されることでしょう。これはWindows 10へのアップグレードを予約できる「Get Windows 10」というアプリです。

アップグレードの予約の手順についてご紹介させていただきます。

(さらに…)