情報環境コミュニケーションズ

埼玉県さいたま市で士業を中心にIT関連全般のサポートを行っています。

セキュリティソフトを使っていても、見逃されたマルウェアが潜んでいないか、ウィルスに感染していないか、今一度点検を!

セキュリティソフトを使っていても、見逃されたマルウェアが潜んでいないか、ウィルスに感染していないか、今一度点検を!

弊社で納めさせていただいているパソコンは、全てセキュリティ対策を施した上でお届けさせていただいていますが、どんなに優れたセキュリティ・ソフトでも完全ではありません。

セキュリティ・ソフトは数多くありますが、それぞれ得意・不得意があります。セキュリティ対策ソフトをインストールしており、常時監視していたとしても見逃されてしまうこともあります。

ヒトが体調が思わしくないときに、主治医以外の医療機関で「セカンドオピニオン」を求める事があるように、マルウェア(=Malicious Softwareの略:悪意のあるソフト全般)の検出、駆除を、セカンドオピニオンとして、他のソフトでもチェックしてみることをおススメいたします。

ここでは、マルウェアが潜んでいないか、ウィルスに感染していないかをチェックし、見つけ出した時に駆除まで行える無料で利用可能なツールを2つご紹介いたします。

<スポンサードリンク>

(1)Malwarebytes Anti-Malware

一つ目のツールは、Malwarebytes Anti-Malwareという、スパイウェア、ワーム、トロイの木馬などを検知し、駆除も行えます。新種のマルウェアは、日々増え続けており、イタチごっこの状態ですが、未知のマルウェアをも「疑わしいファイル」として推定するヒューリスティック検知機能も備えていることで定評のあるツールです。

1、ダウンロード&インストール

下記アドレスからダウンロードができます。

https://www.malwarebytes.org/mwb-download/

000MalwarebytesHP

「mbam-setup-[バージョン番号].exe」のファイルをダブルクリックで起動します。

日本語にも対応しています。

011japanese

012InstallStart

画面の案内に従ってセットアップを進めます。「次へ」をクリック。

013Installing

インストールが終わったら、ここで注意!

完了画面で、「Malwarebytes Anti-Malware Premium版の無料トライアルを開始する」のチェックを外します

014InstallFinish

これにより、無料で継続利用が可能となります。また、システムに常駐しないのでシステムへの負担を軽減できます。

2、ツールの起動~スキャン~検疫~駆除

ツールが起動したら、「Database Version」の「Update Now」ボタンをクリックして、データベースを最新のものに更新します。

002DBupdate

画面下部の「Scan Now」をクリックするとスキャンが始まります。

003scanning

スキャンの状況が画面に表示されます。「Finish」と表示されたら終了です。

004finished

ここで、マルウェアが検出された場合、「履歴」ボタンをクリックして表示される「検疫」画面に一覧で表示されます。

005quarantine

確実にマルウェアである事がわかる場合、対象ファイルを選択して「削除」ボタンで駆除が完了となります。

前述の「ヒューリスティック検知機能」により、疑わしいファイルとして、問題のないファイルも誤って検出してしまうこともあり得ます。ファイル名などで、Webで検索を行い、問題ないファイルであることが確実な場合、対象ファイルを選択し、「復元」で元に戻せます。

(2)ESET Online Scanner

セキュリティ性能の高さ、動作の軽快さで定評があり、アスキー総研が行った満足度調査でNo.1を獲得している「ESETセキュリティソフト」のオンライン版(無料)。
セキュリティの脅威を検出すると、対象ファイルを隔離し、駆除までを行えます。

1、ダウンロード&インストール

下記アドレスにアクセスし、「Run ESET Online Scanner」をクリック。

http://www.eset.com/us/online-scanner/

001esetOnline

Google Chromeなど、Internet Explorer以外のブラウザでアクセスの場合「ESET Smart Installer」をクリック。

002ImartInstaller

「esetsmartinstaller_enu.exe」というファイルがダウンロードされるので、ダブルクリックで起動します。

ライセンスへの同意を求められるので「YES, I accept・・・」にチェックを入れて「Start」をクリック。

004accept

2、脅威のスキャン~隔離~駆除

「Enable detection・・・・」にチェックを入れて、未知の疑わしいファイルも検出するようにすることをおススメします。「Start」をクリック。

005settings

最新の定義ファイル(ウィルスデータベース)がダウンロードされます。

006DownloadVirusDB

スキャン中の画面です。

007scanning

「No Threats found.」と出れば、セキュリティに脅威となるファイルは検出されなかったことになります。

008Finished

セキュリティに脅威となるファイルが検出された場合、自動的に隔離(Quarantine)されます。

自動的に隔離されたファイルはリスト表示されます。

念のため、ファイル名などでWebで検索して、マルウェアであることが確認した上で、隔離した脅威を削除します。(Delete quarantined files)。

明らかにマルウェアではないと判断したファイル(誤検出されてしまったもの)については復元することも可能です。


セキュリティ・ソフトは完全ではありません。

セキュリティ問題がニュースとして報じられて不安になったとき、使用中のパソコンの挙動に異変を感じたとき、今使っているセキュリティ・ソフトで大丈夫か不安になったときなど、思い立った時にすぐに、これら2つのツールをお試しいただければと思います。

<スポンサードリンク>

« »