情報環境コミュニケーションズ

埼玉県さいたま市で士業を中心にIT関連全般のサポートを行っています。

ネットワーク・プリンターに突然接続できなくなり、印刷できなくなってしまった場合の対処法

ネットワーク・プリンターに突然接続できなくなり、印刷できなくなってしまった場合の対処法

今回は、弊社でのトラブル対応の中でも頻度が多いネットワークに関するトラブルの事例です。
ある日突然、プリンターに繋がらなくなり、印刷ができなくなってしまった、というものです。

原因は、ルーターが何らかの原因でリセットされ、それによりプリンターに割り当てられたIPアドレスが変わってしまった、ことにありました。

まずは対処法から、詳しく見ていきましょう。

 LAN内で”サービスを提供する”共有機器は、固定アドレスに

結論から先に述べますと、事務所内/家庭内などのローカル・エリア・ネットワーク(LAN)内で、プリンターやNAS/ネットワーク・サーバーなど、共有して利用する機器=LAN内で”サービスを提供する機器”は、IPアドレスを固定に変更設定しておくことで、トラブルを防げます。

その上でプリンターの設定をやり直します。

プリンターのIP取得方法をStatic=静的に

下の画像はブラザーのプリンターの液晶の設定画面なのですが、ネットワークの設定メニューの中のIP取得方法が、標準の設定では「DHCP」になっていることでしょう。

これを、「Static」=”静的”を選択/変更することでIPアドレスを固定にすることができます。

その上で、プリンターの設定を再度行います。

プリンターの設定をやり直す

「スタートメニュー」>「設定」を開き、さらに「デバイス」を開きます。

「プリンターとスキャナー」の一覧から、使えない状態にあるプリンターをクリックして「デバイスの削除」をクリック。これで、いったん従来のプリンター設定を削除します。

#すでにインストール済みのドライバー、ユーティリティソフトウェアはアンインストールされません。ただ単に設定のみが削除されます。

再度、設定をし直しましょう。

「プリンターまたはスキャナーを追加します」をクリック。

再びプリンター名が表示されたら、名称部分をクリック。

「デバイスの追加」をクリック。

#もしも以上の手順でうまくいかない場合、プリンターに対応するドライバー/ソフトウェアを再インストールします。

以上で、プリンターのIPアドレスが固定された状態となり、再びルーターがリセットされてしまったとしても、続けて使うことが可能となります。

このようなトラブルが起きた原因

家庭や小規模オフィスでは光回線やADSL、ケーブルテレビ回線を用いることが一般的になっていますが、NTTなどの回線サービスの提供業者からは、ブロードバンド回線への接続機器が提供されていることでしょう。

これらの接続機器には、今では”ルーター機能”を搭載しており、複数のPCをインターネットに接続して利用することができるようになっています。無線LAN対応であれば、スマートフォン/タブレットなどを接続することもできます。
このルーター機能によって、ネットワーク対応のプリンターをLANケーブルや無線LANで接続しておけば、同じルーターに接続しているPC、スマートフォン/タブレットなどから接続し、共有して利用することができるようになっています。

この時に、LAN内の一つ一つの機器には個別のIPアドレスが必要となります。

実は、回線の接続機器には”DHCPサーバー”という機能も搭載されており、LANケーブルや無線LANで繋げてきた機器に、一台ごとに自動的にI個別のPアドレスを割り当ててくれます。

さて、何らかの原因で回線への接続機器がリセットされてしまうと、接続されている機器に、今までとは違うIPアドレスを割り振ってしまうことがあり、それが今回の事例の場合、突然プリンターに接続できないトラブルの原因となっていたのでありました。

同様のトラブルは、ネットワークストレージやPCを共有している場合でも起こりえます。

繰り返しとなりますが、事務所内/家庭内などのローカル・エリア・ネットワーク(LAN)内で、プリンターやNAS/ネットワーク・サーバーなど、共有して利用する機器=LAN内で”サービスを提供する機器”は、IPアドレスを固定に変更設定しておくことで、このようなトラブルを防げます。

« »