情報環境コミュニケーションズ

埼玉県さいたま市で士業を中心にIT関連全般のサポートを行っています。

Windows 10のトラブルに備え、症状/深刻度に応じた解決策のまとめ

Windows 10のトラブルに備え、症状/深刻度に応じた解決策のまとめ

Windows 10では、トラブルに備え、トラブルに対応するために用意された方法がいくつもあって混乱してしまいます。

パソコンを元に戻す方法にも「回復」、「復元」、「リフレッシュ」、「イメージからの復元」など色々あって、バックアップも、「ファイル履歴」、「システムイメージ」などがあったり。

・・・ということで、今一度、トラブルに備え、トラブル発生時にシステムを復旧させる方法について、整理しておきたいと思います。

Windowsのトラブルに備える

PCにトラブルが生じてしまったときに備えて、準備しておけることとして、次の5つがあるかと思います。

1、「インストールメディア」を作成しておく

2、「復元ポイント」を作成しておく

3、「回復ドライブ」または「システム修復ディスク」を作成しておく。

4、「システムイメージ」で丸ごとバックアップ

5、「ファイル履歴」で最新のデータをバックアップ

症状/深刻度に応じた対応

パソコンが不安定、動作が重い、正常に起動しない、というような不具合が発生した時に、どのような対応が行えるかを、下記の通りまとめてみました。

1,Windowsアップデートに問題がないかチェック

突然、パソコンの調子が悪くなった、という場合、まずはWindows Updateの状況について確認をしてみるといいでしょう。

2,「復元ポイント」からの「復元」

最近、システムアップデートを行ってから調子が悪い、アプリ、ドライバーを追加してから動作が不安定になってしまった時など、まずは試してみたい方法です。

3,「このPCを初期状態に戻す」

復元ポイントからの「復元」を試したが、やはりパソコンの動作が不安定な時。

4,以前のバージョンのWindowsに戻す

Windows 10はアレなので、元のWindowsに戻したい。(アップグレード後、1か月限定)

5,保存済みの「システムイメージ」を使って保存時の状態に復旧させる

PCが起動しない場合の対応1。「回復ドライブ」または「システム修復ディスク」でパソコンを起動。事前に不測の事態に備えて準備を行った時点の状態に戻す。

6、「ファイル履歴」で個人のファイル/コンテンツを復旧

「4,」「5,」の合わせ技の記事をWindows 8.1向けに書いています。Windows 10でも同様の手順で行えることでしょう。

7、Windows 10の再インストールをUSBメモリ/DVDディスクから行う

最後の手段。PCが起動しない場合の対応の2つ目として、Windows 10をまっさらな状態でクリーンインストール。

« »