情報環境コミュニケーションズ

埼玉県さいたま市で士業を中心にIT関連全般のサポートを行っています。

Windows 10は、PDF表示/PDF形式ファイルへの変換~保存に標準で対応

Windows 10は、PDF表示/PDF形式ファイルへの変換~保存に標準で対応

今や”電子の紙”として、ISO(国際標準化機構)で承認された電子文書の国際規格となっているPDF。

官公庁や企業の配布文書、帳票類、公開文書や製品マニュアル、論文などあらゆる用途で活用されています。

Windows 10では、Adobe Acrobat Readerなどの閲覧用ソフトが無くてもWebブラウザーであるMicrosoft Edgeで参照が可能です。

また、PDF形式への変換も標準で対応しています。

PDFファイルを表示させるMicrosoft Edge

従来、PDFファイルを参照するには、Adobe Acrobat Readerやサードパーティー製の閲覧ソフトやPDF表示にお標準対応しているGoogle Chromeを追加したり、Internet Explorerにプラグインを追加インストールしたりする必要がありました。

2015-11-30_224418

Windows 10に標準搭載のWebブラウザーMicrosoft Edgeは標準でPDFの表示に対応しています。注釈/コメントの追加機能などはありませんが、中身を参照するだけであれば、とても軽快に動作します。

PDF変換:「Microsoft Print to PDF」

PC、Mac、スマートフォン、タブレットなど、どのような環境で参照しても、制作者が意図した通りの見た目で表示できるPDF。

文書をホームページで公開したり、メールに添付して送付したりする際には、たとえ特殊なソフトウェアで作成した文書であってもPDF形式に変換したファイルであれば、あらゆる環境で参照が可能となります。

Windows 10では、印刷機能を持ったソフトウェアであれば、全てPDF形式への変換が可能です。

2015-11-30_230729

たとえば、Webブラウザーでホームページ表示させて、印刷を行う際に、「送信先」で「Microsoft Print to PDF」(=PDFとして印刷)に切り替えて、「印刷」ボタンをクリックすると、下の画像のようにファイル保存画面が現れて、表示されているページを丸ごとPDFファイルとして保存することができます。

2015-11-30_230808

当ホームページをPDFファイルに変換~保存したものを、Adobe Acrobat Reader DCで開いてみたところです。

2015-11-30_230908

MS Officeの場合、別途詳しくご紹介しますが、作成した文書を「別名で保存」する時にPDF形式で保存することも可能なのですが、同様に「印刷」を選んだ後、「設定」で印刷方向、ファイルのサイズ、余白などを指定して、「プリンター」で「Print as a PDF」に切り替えて、「印刷」ボタンをクリックすることで、PDF形式のファイルが生成され、新たなファイルとして保存することができます。

2015-11-30_225449

« »