情報環境コミュニケーションズ

埼玉県さいたま市で士業を中心にIT関連全般のサポートを行っています。

新しく買ったパソコンが遅い!と感じるとき、原因を探りながら、キビキビ動くようにしてみる。

新しく買ったパソコンが遅い!と感じるとき、原因を探りながら、キビキビ動くようにしてみる。

Windows 10が最初から入ったパソコンを買ったばかりの方からの相談として多いのが、”PCの動作が緩慢”、”遅い/重い”というもの。

今回は、購入したてのパソコンが遅い!と感じるときの原因を探りながら、解決策を見ていきたいと思います。

Windows 10搭載のエントリーモデルである「Lenovo Ideapad 300」を最近購入したのですが、初期設定を終えて、一通りアプリをダウンロード&インストールして、自分なりの設定をしながら使っていると、なるほど、「これは遅い!」と感じてしまいますね。

そこで、実際に検証をしながら動作をキビキビとしたものにしていきたいと思います。

<スポンサードリンク>

1、Dropbox, OneDriveが大量のファイルを同期中

Dropbox、OneDriveなどを利用している場合、まずは確認してみたいのは画面右下の通知パネル。
大容量のファイルをクラウドと同期設定しているならば、大量のファイルのダウンロード/同期作業が終了するまではCPU、メモリーが利用され、通信、ハードディスクへの書き込み作業が行われます。

この同期作業はユーザーがPCを操作している合間に行われるようになってはいますが、それでも全体的には動作が重くなります。

クラウドとパソコンとの同期作業が終わるまでの間はガマンが必要となりますね。

2016-05-02_110325

2、PCの負荷状況を確認してみる

どのような負荷がパソコンにかかっているかを確認してみましょう。

デスクトップ左下の検索ボックスに「タスク」と入力して、表示される一覧から「タスク マネージャー」をクリックして起動させます。

2016-05-02_102124

タスクマネージャーが起動したら、「詳細(D)」という表示部分をクリックすると、下のような「プロセス」画面が現れ、システムの稼働状況が表示されます。

2016-05-01_094301

この例の場合、CPUが100%、ディスクが82%、それぞれ稼働している(使われてしまっている)ことを示しています。

上部の”xx% CPU”と書かれている部分をクリックすると、どのプロセスがCPUを使っているかを「多い順/少ない順」に切り替えて一覧で表示させることができます。

この例だと、Microsoft Officeが重たい原因になっていることが推測できます。

画面上部のタブで「パフォーマンス」に切り替えてみます。

2016-05-01_093401

「CPU」および「ディスク」に大きな負荷がかかっていることがグラフで表示されます。

Wi-Fiによる通信にも負荷がかかっていることがグラフでわかります。

特にCPUは100%が使われたままの状態で、これではファイルエクスプローラーを開いてファイルの中身を確認するだけでも時間がかかってしまっている状況です。

Microsoft Officeがこのような状態にある場合、まず最初にチェックしたいのが「システムアップデート」。

Windows Updateをチェック

「スタートメニュ」>「設定」>「更新とセキュリティ」を開きます。

「更新プログラムのチェック」をクリックしてみます。

状況によっては、「更新プログラムのチェック」をするまでもなく更新プログラムが表示されていることもあります。

2016-05-01_094529

「今すぐインストール」をクリックして、更新プログラムをインストールします。

購入したばかりのパソコンの場合、PCが製造されてから使いはじめるまでの間に公開された更新プログラムをまとめて行うことになります。これにはとても時間がかかります。

Windows 10は、2015年秋に大規模アップデートがあり、Microsoft Officeも大幅に更新されています。

画面上でインストールが終わって、画面の案内に従って再起動をかけている間も更新作業が続きます。

IMG_9209

大規模アップデート時には、再起動後もアップグレード作業が続くことがあります。

IMG_9211

不要なアプリを削除する

多くのパソコンには、各メーカーが事前にソフト/アプリを入れてあります。

中には、本来Windowsが持つ機能と重複しているものがいくつもあったり、余計なお世話のアプリもあったり。特にシステム関連のツールの場合、常時起動/待機していることでシステムに負担をかけるものや、最新のWindowsシステムに最適にはなっていないプログラムであることで、システム動作の邪魔をしてしまうものもあったりします。

また、パソコンの使用状況をメーカーに送付する機能を持つツールの場合、多少ではあるものの裏での作業に負荷がかかります。

2016-05-02_014601

余計なアプリ/ソフトウェアを削除することで、システムの負荷軽減が期待できます。

「スタートメニュ」>「設定」>「システム」を開いて、左のメニュー一覧から「アプリと機能」を選びます。

2016-05-02_010054

私が削除したアプリ/ツールは次の通りです。

  • Lenovo Solution Center:ユーザーを混乱させる余計なお世話な統合ツール
  • Lenovo QuickOptimizer:システムの最適化ツール
  • SHAREit:PCとスマホのファイル共有ツール
  • REACHit:ローカルストレージとクラウドストレージの両方を横断的に検索

以上、けっこう時間と手間を要しますが、これによって快適にキビキビと動作するようになりました。

Windows 10ならローエンド/(ある程度なら)古いPCでも充分

今回試してみたLenovo Ideapad 300は、搭載のCPUがIntel Celeron Dual-Core N3050の1.6GHzという一番低価格のモデルです。

3Dグラフィックスをふんだんに用いたゲームや長時間に及ぶビデオ編集/制作を行うのでなく、動画の再生、ネット利用、一般的な事務作業であれば問題なく快適に利用できることでしょう。

Windows 10は、タブレットやスティック型PCでも用いられています。

#ちなみに今、本稿はスティック型PCで書いています。

2009年、当時Windows XPが搭載されていたPanasonic Lets note CF-T8にWindows 10を入れて使っています。今だに健在です。

CPUは、Core 2 Duo SU9300 1.2GHz/2コアでメモリーは2GBというものですが、全く問題なく動いています。

IMG_9220

このように、Windows 10は、多少古いPC、ローエンドのPCでも問題なく動きます(動くハズです)。

動作が緩慢な場合、上記のようにチェックしてみると、改善されるかも知れません。

弊社では、ご希望に応じて、以上のような手順で、最初からキビキビと動くようにして、すぐに快適にお使いいただけるような状態にした上でお届けしています。ぜひご利用ください。

<スポンサードリンク>

« »