情報環境コミュニケーションズ

埼玉県さいたま市で士業を中心にIT関連全般のサポートを行っています。

【期間限定記事】EZcastなどがiOS 9の「ミラーリング」にまだ対応しておらず、仕方なくiOS 8.4.1にダウングレード。

【期間限定記事】EZcastなどがiOS 9の「ミラーリング」にまだ対応しておらず、仕方なくiOS 8.4.1にダウングレード。

iPhone/iPadの画面を、まるごとTV画面などに「ミラーリング」により表示させることができるAirPlay。

iOS 9で「AirPlay」のセキュリティ・プロトコルの仕様が大幅に変更されてしまっており、EZcastやAirPlayに対応したミラーリング対応ソフトの一部で、iOS 9にアップデートしたiPhone/iPadでのミラーリングができない状況にあります。

#2015/10/5、EZcastのファームウェアのアップグレードによりiOS 8, Mac OS X El CapitanのAirPlayに対応した旨がアナウンスされています。
http://chinagadgetsreviews.com/ezcast-now-support-ios9-airplay-mirroring.html

私の場合、メイン使いのiPhone 6 Plusだけでなく、iPad 2, iPad 3,そして使い古しの iPhone 5, iPhone 4, iPhone 4sまで全て調子に乗ってiOS 9にしてしまいEZcast、X-Mirage, 5KPlayerなどで「ミラーリング」ができなくなってしまいました。

そこで、iPad 2とiPhone 4sを、ひとつ前のバージョンであるiOS 8.4.1に戻すことにしました。

その手順を下記に記します。

注意事項

(本記事は、2015年9月28日現在での不具合状況への対応として書いています。)

  • 以下の手順は、iPhone, iPadを工場出荷時に戻してしまいます。
  • あらかじめ、iTunesまたはiCloudにデータ、アプリなどのバックアップを行っておくべきです。
  • ダウングレードは、ひとつ前のiOS 8.4.1にしか戻すことができません。
  • PC/MacにiTunesがインストールされている必要があります。
  • 以下の方法は、Apple社が公式にサポートしている手順ではありません。実行する場合、あくまでも自己責任でお願いします。

(1)iOSファームウェアのダウンロード

それぞれのデバイスに合ったファームウェアを下記からダウンロードしておきます。

上記リンク先から機種に合った「iOS 8.4.1」のファームウェアをダウンロードします。ファイル容量は約1.4GBあります。

#本稿執筆時点では、「iOS 8.4.1」のファームウェアは利用可能な状態にありますが、今後のiOSのアップデートの進捗状況によっては、利用できなくなります。

上記サイトの場合、「Apple Signing Status」に緑のチェックが入っている状態であれば、利用可能な状態にあることを示しています。

AppleSingingStatus

(2)リカバリーモードで起動する

iPhone/iPadをリカバリーモードで、次の手順で起動します。

  1. PC/MacにiTunesが入っている必要があります。
  2. PC/MacのUSBポートにiPhone/iPadを接続。
  3. 電源ボタンを長押しして電源をオフに。
  4. 電源ボタンを3秒ほど押したままに。
  5. 続けて電源ボタンを押したままにして、ホームボタンを10秒ほど同時に押し続けます。
  6. 電源ボタンだけを押すのを止めて、PC/Mac上のiTunesが自動で起動し、次の表示が出るまで、ホームボタンは押し続けます。

2015-09-28_120317

「OK」ボタンをクリックします。

RecoveryMode

「iPad(iPhone)を復元…」ボタンを、Windowsの場合「Shift」キーを押しながら、Macの場合「Alt/Option」キーを押しながらクリックします。2015-09-28_150421

すると、ファイル選択画面が表れます。

2015-09-28_120643

ダウンロードしておいたファームウェアファイル(.ipswという拡張子のものです)を選択して「開く(O)」をクリック。

次のような表示が出たら「復元」をクリックします。

2015-09-28_123201

これで、20分ほどで、iOS 8.4.1に戻すことができました。

iOS 8.4.1のファームウェアは機種に適合したものを

iPhone 4Sの場合には一発でうまくいったのですが、iPad 2の場合、一度ではうまく行きませんでした。

2015-09-28_153743

私の所有するiPad 2は、Wi-Fiモデルと思い込んで、「iPad 2 (Wi-Fi)」をダウンロードしておいたのですが、「対応していない」という表示が出てしまいました。

よくよく考えると、ソフトバンクで購入したものなので、「iPad2 (CDMA)」でなければいけませんでした。

ダウンロードし直して、やり直すことでうまく行きました。

EZcast、X-Mirage,、5KPlayerでも「AirPlay」によるミラーリングが復活

以上で、iOS 8.4.1に戻ることができ、EZcast、X-Mirage、5KPlayerで無事、元のように「ミラーリング」を行えるようになりました。

無料で利用可能ながらも、機能豊富な「5KPlayer」の場合、以下のようにiPhone/iPad画面を下から上にスワイプして「コントロールセンター」を表示させて、「AirPlay」をタップ。

アプリをインストールしているPC名表示をタップして、現れる「ミラーリング」をONにします。

2015-09-28_153441

iPadの画面を表示させている所です。

2015-09-28_152624

フル画面表示にして、Keynoteなどのプレゼンアプリを使うことで、プレゼンができます。

2015-09-28_152858

ケーブルレスでiPhone/iPadを手に持ちながら、プレゼンができるのは、とても便利です。

スプレッドシートなどで説明する時には、2本指でピンチイン/ピンチアウトで拡大/縮小して表示させたりできますし。

なお、EZcastでiOS 9でミラーリングできない対応については、下記のメーカーのフォーラムに情報が寄せられており、メーカーがファームウェアのアップデートで対応できるように作業中であり、対応できるまでしばらく待っていただくよう呼びかけを行っています。

「AirPlay」はアップル社独自の、いわゆる「プロプライエタリ」な技術です。

新たな仕様に適合したファームウェアの開発はとても労力と時間がかかるものと思います。

何とかiOS 9に適応したファームウェアを開発していただけるよう、EZcastおよび「AirPlay」対応ソフトの開発者の皆さんには頑張っていただければと思います。

 

« »