情報環境コミュニケーションズ

埼玉県さいたま市で士業を中心にIT関連全般のサポートを行っています。

Office 365 & OneDrive for Businessでクラウド・コラボ

Office 365 & OneDrive for Businessでクラウド・コラボ

image_thumb23

~ファイルをクラウドに保存し、共有、共同作業を行うために~

ビジネスドキュメントの作成には、やはりMS Officeが欠かせません。

MS Officeがバージョン2013となり、Office 365も出てきて、これらがどう違うのか、少しわかりにくいかも知れません。

また、SkyDriveから名称変更となったOneDriveと、Office 365で利用可能となるOneDrive for Businessとの違いもとても分かりにくくなっています。

さらには、ファイル/フォルダーの共有についても独特で、混乱を生じています。

その辺りを解りやすく、そしてOffice 365を導入したお客様向けに設定および利用方法について案内資料を作成しましたので公開いたします。

<スポンサードリンク>

最近ようやくOffice 365も安定してきて、お客様にお勧めできるようになってきており、Office 2003のサポート終了に伴い、導入していただくお客様が急速に増えています。

Office 2013の場合、フルパッケージのProfessional版は64,000円となりますが、Office 365であれば月額で1,230円から(年払い:12,360円から)利用可能。常に最新版を利用でき、1 ユーザーあたり 5 デバイスまで利用可能となります。
すなわち、会社ではデスクトップ PC、外出先ではタブレット、在宅勤務時には自宅の Mac など、目的によって複数のデバイスにMS Office 2013をインストールして利用することができるのです。

いつでも、どこからでも文書などを作成して「クラウド」に保存できる。もちろん、今まで通りPC内にも保存可能です。

「クラウド」にファイルを保存すると、とても便利!

1、外出先、自宅でもファイルを開いて、編集ができる。新しいファイルを作成して保存しておくことももちろんOK!

2、スマートフォンでもファイルを参照したり、PC、Mac、タブレットなどでは編集も可能。

3、MS Officeが入っていないパソコン(ネットカフェのPCなど)でも大丈夫。(*ただしご利用にはログイン情報などが残らないように細心のご注意を!)

「Office Online」によって、Webブラウザーさえあれば、MS Officeファイルの作成、編集も可能です。(大容量のファイルでの作業は難しいですが。。。)

その他、メール機能、オンライン会議機能など、グループワーク、コラボレーティブワーク、ナレッジ共有を、より効率よく行える総合クラウド環境となるOffice 365。

office365Function

その魅力の一端となる「OneDrive for Business」の機能について、具体的な設定方法を、下記のPDFファイルでご紹介いたします。

「Office 365 OneDrive for Business クラウド・コラボレーション」(PDF:1.18MB)

「Office 365でファイル共有」(PDF:1.08MB)

<スポンサードリンク>

« »