情報環境コミュニケーションズ

埼玉県さいたま市で士業を中心にIT関連全般のサポートを行っています。

今のメール、ヤバい!という時に送信を取り消せるGmailの「送信取り消し」機能

今のメール、ヤバい!という時に送信を取り消せるGmailの「送信取り消し」機能

SendingCancel

メールを作成し、「送信」ボタンをクリックした途端、内容に不備、間違いがあることに気づくことがあります。

やはり特に、急いでいる時、焦っている時に多いものです。

Gmailならば、送信を取り消すことができます。

設定を有効にするには、画面右上のギアアイコンから「設定」を開き、「Labs」にある「送信取り消し」の「有効にする」にチェックを入れて、画面下部の「変更を保存」をクリックします。

<スポンサードリンク>

sendingCancelLabs

これにより、「全般」メニュー内に、「送信取り消し:」欄が追加されます。
ここで、「送信取り消し機能を有効にする」にチェックを入れます。

SendingCancel

 

取り消せる時間は、5秒、10秒、20秒、30秒から選べます。

画面一番下の「変更を保存」ボタンをクリックすると設定が反映されます。

この設定をしておくと、メールの送信後、画面上部に次のような表示が出ます。

cancel

ここで、「取消」をクリックすると、メール送信がキャンセルでき、元のメール作成画面に戻ります。

*ただし、たとえば「取り消せる時間」で30秒を選択すると、メール送信が30秒保留となります。超急ぎでメールを送る必要がある場合、タイムラグが生じます。うまく使い分けていただければと思います。

<スポンサードリンク>

« »