情報環境コミュニケーションズ

埼玉県さいたま市で士業を中心にIT関連全般のサポートを行っています。

Officeファイルに素早くアクセス、Chrome向け「Office Online」機能拡張

Officeファイルに素早くアクセス、Chrome向け「Office Online」機能拡張

当初は、ほんの数ページの文書でもエラーが頻発して仕事では使い物にならなかった「Office Online」ですが、よほどの大規模ファイルでない限り、今ではかなり実用として使えるようになってきています。

私の場合、50ページほどの図版を多用した報告書のWordファイル、60分~90分の講演/講義で用いるPowerPointのプレゼンファイルを扱う事が多いのですが、Office Onlineでストレスなく作成/編集ができるほどになっています。

MicrosoftがGoogle Chrome用の機能拡張をリリース。Google Chrome上のOffice OnlineでMS Officeファイルの参照、編集、新規作成が簡単にできて便利です。

<スポンサードリンク>

Google Chrome向け機能拡張「Office Online」のダウンロード先は次の通りです。(長いので短縮してあります。)

Microsoftアカウントでサインイン

機能拡張の追加後、Google Chromeの右上部にOfficeのアイコンが追加されます。

まだメニュー表記などは英語ですが、日本語環境でも問題なく利用できます。

2015-10-30_211519

個人版のOneDriveか、法人向けのOneDrive for Businessのいずれかのアカウントでサインインします。

2015-10-30_211618

機能拡張への許可をすることで利用できます。

Officeファイルへ素早くアクセス

サインイン後、Officeアイコンをクリックすると、最近作成/参照/編集したファイル一覧が表示されます。「超整理法」と同様に、新しいファイルが上部から順番に表示されるのが便利です。

RecentDocs

「New」で、Office Onlineの各アプリにアクセスして新規文書の作成ができます。

2015-10-30_211839

既存のファイルを開くには、「Open」から、OneDrice/OneDrive for Businessのクラウドから開くこともできますし、「Browse」をクリックするとファイル選択画面が出るので、パソコン内に格納されているOfficeファイルを開くこともできます。ただし、この場合、クラウドへのアップロードが行われるので、多少時間がかかります。

2015-10-30_211909

これにより、わざわざMS Officeを起動する必要もありませんし、MS Officeが入っていないPCでもOfficeファイルの作成ができるのは便利ですね。

<スポンサードリンク>

« »