情報環境コミュニケーションズ

埼玉県さいたま市で士業を中心にIT関連全般のサポートを行っています。

Googleドライブ プラグイン for Microsoft Office

Googleドライブ プラグイン for Microsoft Office

Google ドライブ上に保存されている Office ファイルを、Microsoft Officeで開いて編集できるプラグインが、Googleからリリースされたので早速導入してみました。

私の場合、絶対必要!というほどのものではありませんが、入れておいて損はない、といったところでしょうか。

<スポンサードリンク>

プラグインのインストール

下記アドレスからプラグインをダウンロードします。

ダウンロード後、起動させてインストール。

2015-11-03_091110

Googleアカウント、Google Appsアカウントでログインします。

2015-11-03_091131

許可を求められます。

2015-11-03_091309

インストールの完了です。

2015-11-03_091330

MS Officeで「開く」

MS Officeを起動して、「開く」を選ぶと、一覧の項目として「Googleドライブ」が追加されています。

2015-11-03_091417

初回なので、まだ「最近開いたファイル」にはファイルは一覧表示されてはいません。

「Googleドライブから開く」をクリックすると、Google Driveに格納されているファイルの一覧が表示されます。

2015-11-03_092432

MS Office形式で格納されていれば、直接MS Officeで開いて参照/編集ができます。

Google形式の場合は?

ここでGoogle Docs形式の文書を開こうとしても、MS Officeで直接開くことはできません。通常通り、Webブラウザー上で文書が開かれます。

Google Driveでは、Google形式で保存しておけば容量としてカウントされません。

私の場合、Google Docsは原稿の下書きとして利用することが多く、全てGoogle Docs形式で保存しています。

そんな私の場合、このプラグインはさほど大きな意味は持ちませんが、文書をMS Officeで清書しようとする時に、下書きの文書であるGoogle DocsがWebブラウザーで開かれるだけでも少しは便利に使えそうです。

「Google ドキュメント」の場合には、Webブラウザー上で全選択でコピーしてMS Wordに貼り付けることで対応できそうです。

「Googleスライド」のプレゼンファイルの場合、「ファイル」>「形式を指定してダウンロード」>「Microsoft PowerPoint (.pptx)」で、デスクトップなどにいったん落としてきて、改めてMS PowerPointで開くことになりますが。。。

2015-11-03_101148

Googleのオフィス・スイート自体に、このようなMS Office形式への変換機能があるので、将来的には形式を変換してMS Officeで全ての文書を開けるようになればと、期待します。

<スポンサードリンク>

« »