情報環境コミュニケーションズ

埼玉県さいたま市で士業を中心にIT関連全般のサポートを行っています。

私たち情報環境コミュニケーションズは、「士業」に携わるナレッジワーカーの皆様の知的生産性向上を、ITの側面からサポートさせていただいています。

最新記事

foobar2000に実用も兼ねてクールな「VUメーター」を「Columns UI」を用いて追加で配置する

音楽制作の現場でもオーディオ機器において、最近ではあまり見かけることがなくなりつつある「VUメーター」。

現在でもLUXMANのプリメインアンプ L-505uXには搭載されていますが、アナログ的なメーターは今となってはクールに思えます。

このVUメーターをfoobar2000に追加してみます。

(さらに…)

foobar2000のレイアウト編集が柔軟に可能な「Columns UI」を用いてクールで実用的なコンポーネントを配置する

foobar2000はカスタマイズ性に優れており、自分の好みで機能を充実させることが可能です。

今回は、楽曲の再生に合わせてリアルタイムにグラフ表示が行われる「Peakmeter spectrum」と、楽曲を波形表示し、曲の途中からの再生が簡単に行える「Waveform Seekbar」を追加し、実用的でありながら、見た目もより自分好みにしてみたいと思います。

併せて、レイアウトを柔軟に変更できるようになる「Columns UI」というコンポーネントを用いて、アプリ内に配置する手順を見ていきたいと思います。

(さらに…)

WindowsでPCオーディオ:foobar2000をスマホ/タブレットでリモコン操作する「MonkyMote」

今回は、PCオーディオを利用しているときにリモコンが欲しくなった時の対応についてです。

foobar2000を利用しているならば、スマートフォン/タブレットに「MonkyMote Music Remote」アプリを用いることで、オーディオ専用機に付属するリモコンよりも高機能なリモート操作ができるようになります。

スマホ/タブレット内に保管されている楽曲ファイルを再生するのではなく、ソファーなど離れた所からPC上で起動しているfoobar2000を操作し、PC~アンプ~スピーカーを通じてサウンドを再生させます。

iPhone/iPad, Androidには、それぞれ対応したアプリを用いて、PC側にはfoobar2000のコンポーネントを追加しておくことで利用可能となります。早速手順を見ていきましょう。

(さらに…)

WindowsでPCオーディオ:3万円ほどのミニコンポでも、かなりイイ音で鳴っています。

オーディオよりも楽器に費用をかけてしまう私なのでありますが、以前はいい音で聴くために、そこそこ費用を投じてきました。リビングに置かれているのですが、家族ができてからは音を鳴らす機会が、かなり少なくなってしまいました。

自分の狭い部屋でPCにつないでいたのはDTMで使っているスタジオモニタースピーカー。アンプ内蔵のスピーカーで、なかなかいい音なのですが、仕事で使うことになり事務所に移動することに。

ヘッドフォンだと長時間の装着はつらく、ミニコンポを買ってみようと思ったのでありました。 (さらに…)

WindowsでPCオーディオ:foobar2000の音楽再生を劇的にイイ音にする「DSP」コンポーネント ベスト5

foobar2000では多くのユーザーにより「コンポーネント」が開発されており、必要に応じて様々な機能を追加するができます。

よりイイ音で再生させるためのコンポーネントとしては「DSP」(Digital Signal Processing)すなわち”デジタルで信号処理を行う”ことで、よりイイ音で再生できるものがいくつもあります。

foobar2000の既存ユーザーの方にとっては定番となるものかと思いますが、私が愛用させていただいている5つのDSP関連のコンポーネントをご紹介させていただきます。

(さらに…)

RSS WordPress Plugin by WP Tutor.io